08.09

平成29年度福島県優良土木・建築委託業務表彰NEW 【2年連続・ダブル受賞】

 福島県が実施している 福島県優良土木・建築委託業務表彰制度におきまして、本年度当社は2年連続、そして【地質調査部門】【土木設計部門】の2部門でダブル受賞を致しました。
 今後も技術研鑽に努め、良い成果作りを通して、顧客満足度向上を目指します。
 表彰された業務の概要は、以下のとおりです。

【地質調査部門】

  ◆業務名
いわき上三坂小野線(小名浜道路) 地質調査業務委託(道整・再復)
  ◆発注者
いわき建設事務所 小名浜道路担当
  ◆業務箇所
いわき市泉町下川字萱手地内外
  ◆業務担当者
管理技術者-兵藤正美(技術副部長)  担当技術者-野木隆生(技術係長)
  ◆業務概要
地質調査業務・・・・・機械ボ-リング・透水試験 ・室内土質試験・室内配合試験・
             土懸濁液pH試験・岩石の酸化可能性試験 他
  ◆業務目的
小名浜道路本線全区間の盛土を対象に、ボ-リング調査及び各種試験を実施し、基礎地盤に分布する粘性土層(不透水層)の透水性について把握と現地掘削土の盛土材としての適用性を評価するため、材料試験・配合試験を実施し今後の工事実施の基礎資料を作成した。

○業務担当者たちのコメント

いわき地区の復興の柱となる小名浜道路が、施工段階を迎え、工事実施時に必要となる基礎デ-タを得るための調査・試験であり、今後我々の成果が的確に利用され、事業がスム-ズに推進され、早期開通供用向けてに微力でも協力出来たことを誇りに思います。各種試験の提案に理解頂き、御指導頂きました小名浜道路担当の皆様に感謝申し上げます。

【土木設計部門】

 ◆業務名
熊川筋外 測量設計業務委託 (単災調査 (再復))
 ◆発注者
富岡土木事務所
 ◆業務箇所 
双葉郡大熊町大字熊川字八坂地内外
 ◆業務担当者
管理技術者-沼田元治(技術部長)  担当技術者-大橋清克(係長)
                                  松本光正(課長代理)
 ◆業務概要
測量業務・・・・・2級、4級基準点測量 災害測量-河川部・海岸部 用地測量
設計業務・・・・・河川災害査定設      L=計404m
         海岸災害査定設計     L=718m
         関係機関協議資料作成  2業務
 ◆業務目的 平成23年3月の東日本大震災にり被災した、二級河川熊川及び河口部にあたる熊川地区海岸の災害復旧を目的とした査定設計であり、原子力災害に起因する【帰還困難区域】での業務である。

【ドロ-ンによる撮影】

【ドロ-ンによる撮影】

○業務担当者たちのコメント

何より帰還困難区域での業務であり、線量の管理に留意し、現場作業は、高齢班での対応となった。
協議設計を前提として、県庁や東北地整との事前協議があり、多くの検討、資料作成が必要となり、これらに対処するための時間の闘いが最大の難関だった。
表彰を頂き努力が報われました。推薦くださった富岡土木の皆様に感謝申し上げます。

【8月9日表彰式及び担当者の喜びのようす】

【 8/9杉妻会館での表彰終了後記念写真撮影 】 【 蛭田・沼田・兵藤・高橋 】

【 8/9杉妻会館での表彰終了後記念写真撮影 】
【 蛭田・沼田・兵藤・高橋 】

【 高橋社長、 大河原部長より受賞 】

【 高橋社長、 大河原部長より受賞 】

【地質調査部門 いわき上三坂小野チ-ム 】

 【地質調査チ-ム 兵藤・野木 】

【地質調査チ-ム 兵藤・野木 】

【土木設計部門 熊川筋外チ-ム 】

 【測量班 宇佐美・阿部・今野 】

 【測量班 宇佐美・阿部・今野 】

 【設計班 大橋・沼田・松本 】

【設計班 大橋・沼田・松本 】

関連記事

私たちはIWAKI FCを応援しています。
次世代測量調査への対応
JR東日本対応業者
ISO9001
woribar
ページ上部へ戻る