01.12

ドローン長距離飛行荷物配送実証試験報告

 去る平成29年1月12日に経済産業省・NEDO・福島県・南相馬市・自律制御システム研究所が、南相馬市で実施したドロ-ンによる長距離荷物配送実証試験に参加しました。
 当社は、(株)自律制御システム研究所が主催する【ミニサーベーヤーコンソシアム】に参加していることと、ミニサーベーヤー製のドロ-ンを業務に使用していることから、今後のドロ-ンの活用のための情報収集の目的で試験に立ち会わせて頂いたものです。
 試験は、南相馬市小高区から原町区の北泉海水浴場までの約12Kmを約15分でサ-ファ-に暖かい飲み物を届けました。当日は、風速約6~8mの向かい風の中、上空50mで飛行し安全に飛行し、実証試験としては世界最長とのことです。
 今後ドロ-ンを取り巻く環境は、法整備や利活用方法が飛躍的に進歩し、業務や日常生活への利用が見込まれます。当社も最新技術の習得に日々研鑽を続けます。

【実証試験ルート約12kmを約15分で飛行】

【実証試験ルート約12kmを約15分で飛行】

【実証試験使用機体 ACSL-PF1】

【実証試験使用機体 ACSL-PF1】

【実証試験内容の説明】

【実証試験内容の説明】

【着陸地点の北泉海水浴場へ着陸・漁船も併走】

【着陸地点の北泉海水浴場へ着陸・漁船も併走】

【サーファーに温かい飲み物を届けました】

【サーファーに温かい飲み物を届けました】

【たくさんの報道陣も取材に参加しました】

【たくさんの報道陣も取材に参加しました】

関連記事

私たちはIWAKI FCを応援しています。
次世代測量調査への対応
JR東日本対応業者
ISO9001
woribar
ページ上部へ戻る