03.01

南相馬市ロボット機器導入促進事業補助金の第1号に認定されました。

 福島県が東日本大震災からの復興を目的として策定した【イノベ-ションコ-スト構想】の中のロボット開発・実証拠点を推進する目的で、南相馬市が設立した【南相馬市ロボット機器導入促進事業補助金交付制度】の第1号に認定されました。
 当社は、国土交通省が取り組んでいるCIM(Construction Information Modeling)3次元モデルに対応するため、ドロ-ンや3Dスキャナ-を利用した測量技術の習得と実践を目指し全社で対応しています。そのためのプロジェクトや技術習得のための研修会参加も盛んにチャレンジしています。
 南相馬市のロボット機器導入促進事業補助金は、当社が購入したドロ-ンが、【南相馬市ロボット産業協議会】のメンバ-である【株式会社 菊池製作所】様が当社ドロ-ン部品を製作されていることから対象となっております。
 ドロ-ン購入に当たっては、操縦技術はもとより、改正航空法の周知、安全対策、点検整備の確実な実施が求められることから、国産ドロ-ンの権威でもある、千葉大学 野波健蔵教授が中心となり活動されている【自律制御システム研究所】様製のドロ-ンを購入しました。教育訓練システムに基づき、測量課2名が訓練に参加しました。また、無線局の開設、社内安全ガイドラインの作成も行っております。今後は、南相馬市をはじめ、相双地区の規制区域やその周辺はもとより、県内外において災害復旧や復興関連等の業務に役立てていきたいと思います。
 購入あたりお世話になった【自律制御システム研究所】小手取締役・大畑様、【株式会社菊池製作所】高橋取締役 そして、補助金交付申請のご指導を頂きました南相馬市福島副主査にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

【補助金交付決定通知】

【購入ドローン(ミニサーベーヤーMs-06LA)】

【購入ドローン(ミニサーベーヤーMs-06LA)】

【プロジェクトリーダーの阿部測量次長】

【プロジェクトリーダーの阿部測量次長】

関連記事

私たちはIWAKI FCを応援しています。
次世代測量調査への対応
JR東日本対応業者
ISO9001
woribar
ページ上部へ戻る